サブ画像

VDT症候群

VDT症候群とは

VDT(ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル)症候群とは、パソコンなどディスプレイを使った長時間の作業により、目や身体や心に影響のでる病気です。 眼の疲れ、かすみ、乾燥だけでなく首や肩がこるなどの身体の症状があります。

VDT症候群の対策

  • 点眼・・目の乾きや不快感をおさえるために、こまめに目薬をさすようにします。
  • 休憩・・1時間ごとに10~15分の適度な休憩を。
  • ストレッチ・・同じ姿勢を続けないよう軽く身体をほぐすストレッチを行いましょう。目の疲れだけでなく、肩や首のこりにも有効です。
  • ディスプレイの位置・・目線が少し下向きになるような高さにしましょう。
  • 環境・・メガネやコンタクトレンズの度は合ったものにし直接空調の風が眼に当たらないようにしましょう。

ページトップに戻る