サブ画像

近視・遠視・乱視・老眼

近視とは

遠方から眼に入った平行光線が網膜よりも手前で焦点を結んでしまい、網膜にピントがあわない状態を言います。近くは見えますが遠くは見にくい状態です。

遠視とは

遠方から眼に入った平行光線が網膜より後方で焦点を結んでしまい、網膜にピントがあわない状態を言います。近くは見にくく遠くも見にくいもしくは調節力を使って見えているが疲れやすい状態です。

乱視とは

角膜の屈折率が均一でないため、遠方から眼に入った平行光線が網膜上でピントが合わず、2重、3重に見えたりします。

【対策】

眼鏡、コンタクトレンズで網膜上にピントをあわせることで見える・疲れにくい状態にします。

老眼とは

水晶体は厚みを変えピントをあわせる仕組みを調節といいます。加齢とともに水晶体が硬くなり調節力が弱くなった状態で、はっきり見える距離の範囲が狭くなることを老眼といいます。

【老眼の対策】

遠方の矯正を弱め(遠方を見づらくし)近方を見やすくします。または老眼鏡や遠近両用のメガネ、コンタクトレンズなどで近方にもピントがあわせられるようにします。

ページトップに戻る