網膜疾患画像

網膜疾患

網膜疾患とは

網膜は眼内の内側を裏打ちしている膜で、像を写すフィルムの役目をしています。その網膜が剥がれたり、眼底出血などが原因で光に対する感度が鈍くなったり、見にくくなったり、視界が欠けるなどの障害を起こします。

【飛蚊症】

黒い点やゴミのような物が見える。多くは加齢に伴う現象です。この場合、気になるかも知れませんが医学的に治療の必要はありません。 しかし、網膜剥離、網膜裂孔などによる飛蚊症の場合もあります。急に多く見えるようになったら早急に受診してください。

【光視症】

目を閉じているのに眼の中でピカピカと光って見える症状です。 網膜裂孔や網膜剥離の初期症状の可能性もあります。

【網膜剥離】

網膜が剥がれて、硝子体の中に浮き上がってしまう網膜疾患です。

【黄斑円孔】

網膜の中心にある黄斑部に孔(あな)が開く疾患です。

【中心性網脈絡膜症】

黄斑部がむくむ疾患です。中心部のゆがみ、暗点、色合いの差を感じます。過労や睡眠不足、ストレスが原因といわれており、働き盛りの男性に多い疾患です。

【加齢黄斑変性症】

加齢とともに、網膜の黄斑部に異状をきたす疾患です。視界の中心がかけて見えなかったり、線が歪んで見える場合があります。

【糖尿病網膜症】

糖尿病の合併症網膜症を合併します。網膜に出血や白斑が表われ、視力が低下します。さらに進行すると大出血や網膜剥離を起こし、失明に至ります。

ページトップに戻る