屈折異常

コンタクトレンズ・眼鏡処方

コンタクトレンズと眼鏡の違い

コンタクトレンズは眼鏡と違いフレームがないのでほぼ裸眼と同じ視野が得られることができ顔の印象が変わらない、スポーツをするときに便利などのメリットがあります。
眼鏡は眼に直接接触するわけではないのでトラブルが少ない、はめはずしの煩わしさが少ないなどのメリットがあります。

どんなコンタクトレンズがあるのか

大きく分けてハードレンズとソフトレンズがあり、ソフトレンズの中に1日使い捨てタイプ、2週間交換タイプ等の使い捨てレンズや定期交換レンズが含まれます。

ソフトコンタクトレンズとは

1日使い捨てタイプ、2週間交換タイプ、1か月交換タイプ等の違い

名前のとおり柔らかく装用感が良く慣れやすいレンズです。黒目より大きい為、安定性にすぐれスポーツにも適しています。

1日使い捨てタイプ 1日使用後に捨てるレンズで衛生的に使用することができます。再装用は出来ません。
2週間・1ヵ月交換タイプ 開封して2週間、1ヵ月の定期で交換する レンズです。毎日はずした後のレンズケアが必要となります。

 

ハードコンタクトレンズとは

名前のとおり固いレンズで黒目より小さいレンズです。
個人差が大きいですがレンズの固さや動きが慣れるまで気になる方もいらっしゃいます。 酸素透過性が高く長時間の使用も可能で角膜乱視の矯正に優れています。

【処方の流れ】

1. 問診
現在の眼の状態、既往歴や視力やレンズのご希望を伺います。

2. 検査全般
角膜の形状や視力などを測定致します。

3. 診察全般
眼の状態を確認しレンズを決定します。

4. 取扱い練習
はめはずしやレンズケアの方法を練習します。

【コンタクトレンズの注意点】

正しい取扱い、決められた装用時間を守りましょう。
適切な取り扱いをしていてもコンタクトレンズに汚れや傷がつく場合もあります。大切な眼を守るためにも定期検査を受けましょう。

Q&A

Q:コンタクトレンズを初めて使いたいのですが処方までの時間は どの位でしょうか?

A:検査自体は1時間程度を見込んで頂ければ大丈夫ですがコンタクトレンズを初めて使用頂く場合は装着脱の練習や取扱い指導があるため時間が掛る場合がございます。時間に余裕をもってご来院ください。
初めて当院をご利用の方は受付終了時間の30分前、コンタクトレンズが初めての方は受付終了時間の1時間前までが受付時間となりますのでご注意ください。

Q:カラーレンズの取り扱いはありますか?

A:当院にて処方できるのがサークルレンズと呼ばれる黒目が大きく見えるタイプのレンズで1日使い捨てタイプのフレッシュルックデイリーズ
イルミネートと2週間定期交換タイプの2WEEKメニコンReiの2種類を取り扱いしております。カラーレンズやサークルレンズを使用している方の眼障害が多く報告されています。眼科医の処方指導の下で正しいお取り扱いをして頂くようお願いしております。

ページトップに戻る