眼精疲労画像

眼精疲労

眼精疲労とは

疲れ目と眼精疲労の違い
疲れ目は目が疲れたと思っても、一晩ぐっすり眠って目の疲れが取れる場合です。
眼精疲労は休憩を取った後も、目の痛みや頭痛・肩こりなどの症状が残ったり、一時的に回復してもすぐに、症状がぶり返してしまうようなことをいいます。
一般的には疲れ目を感じる状況にあっても休息を取らなかったり、継続的に疲れ目を感じる状況にある場合に、疲れ目が眼精疲労に進展するといわれています。眼精疲労になると、肩こりや頭痛、不眠や吐き気、食欲不振を引き起こすと言われています。さらに、眼精疲労のストレスにより、抑うつ・不安感といった自律神経系に影響を及ぼすこともあるようです。

眼精疲労対策

目が疲れやすい環境の改善と目の疲れをとることが大切です。
仕事の合間に休憩をとる、目を休めるための睡眠時間をしっかり取る。パソコンのディスプレイの位置を目線が少し下向きになるような高さに変更する。メガネやコンタクトレンズの度が強すぎでないかを確認する。

不同視

不同視

肩こりや頭痛の原因となりえる不同視についてご説明いたします。

VDT症候群

VDT症候群

パソコン等の使い過ぎによっておこるVDT症候群についてご説明いたします。

ページトップに戻る