屈折異常画像

屈折異常

屈折異常とは

眼が調節していない状態で遠くの物を見た場合、平行光線が眼に入っています。その平行光線が目の奥にある網膜の上で焦点を結ばないため、はっきりと物が見えない状態のことです。屈折異常は眼の機能でレンズの役割を果たす角膜、水晶体と眼休の長さ(眼軸長)との不均衡によって起こります。

コンタクトレンズ・眼鏡処方

コンタクトレンズ・眼鏡処方

コンタクトレンズの種類や処方の流れ、注意点等をご説明いたします。

近視・遠視・乱視・老眼

近視・遠視・乱視・老眼

屈折異常の具体的な症状についてご説明いたします。

ページトップに戻る